ヤクルトの歴代選手による最強のオーダーとベストナインを選んでみた

野球

東京ヤクルトスワローズの歴代選手による最強のオーダーとベストナインを選んでみた

東京ヤクルトスワローズの歴代選手による最強のオーダーとベストナインを選んでみました。
伝説の名選手から現役バリバリのプレイヤーまで、過去のデータや私の思い出をもとに選びました。

スポンサーリンク

東京ヤクルトスワローズの歴史

1949年に国鉄の外郭団体である財団法人交通協力会が主体となって㈱国鉄球団を設立。チーム名は「国鉄スワローズ」。
1962年に球団の経営主体がフジサンケイグループに移り、1964年には本拠地を後楽園球場から神宮球場に移転。
1965年に国鉄は経営権をサンケイ新聞とフジテレビに譲渡し、球団名はサンケイスワローズに改称。
1966年には当時の人気アニメ「鉄腕アトム」にちなんで、「サンケイアトムズ」に変更。
1969年に経営権がフジサンケイグループからヤクルトに移りますが、チーム名は企業名などの冠名がつかない「アトムズ」と変更。
1970年にヤクルトが単独で経営権を持ち、球団名を「ヤクルトアトムズ」に変更。
1973年にチーム名を「ヤクルトスワローズ」に改称。
1978年に初のリーグ優勝を達成し、日本シリーズを制覇。
1990年代には野村監督のもとで4度のリーグ優勝を達成するなど黄金期を築きました。
これまでにリーグ優勝7回、日本シリーズは5回制覇しています。

スポンサーリンク

ヤクルト歴代最強の投手陣は?

先発①:金田正一

NPB不滅の400勝は、もう誰にも破られることはないでしょう。他にも通算奪三振4490、通算完投365など、多くのNPB記録を持っています。
巨人のルーキー長嶋茂雄との初対決での4打席4三振は、球史に残る名勝負です。

先発②:伊藤智仁

真横に滑る高速スライダーは、プロ野球史上最高と評されました。
野村克也氏は「稲尾和久と伊藤智仁を天才と呼ぶ。プロ野球史上最高の投手」と語り、その才能を讃えました。

先発③:石井一久

スライダーを決め球にして三振を量産。NPBに在籍した18年間の通算奪三振数2115は歴代15位の大記録です。
最多奪三振2度のほか、最優秀防御率のタイトルも1度獲得しています。

先発④:松岡弘

快速球を武器に2年目からエースとして活躍。18年間ヤクルト一筋で、通算190勝をマークしました。
1978年には16勝を挙げ、球団史上初のリーグ優勝と日本一に貢献しました。

先発⑤: 小川泰弘

ダイナミックな投球フォームから「ライアン」と呼ばれています。
新人で16勝を挙げ最多勝と最高勝率のタイトルを獲得。
2015年には11勝をマークし、チームのリーグ優勝に貢献しました。

中継ぎ①: 五十嵐亮太

豪速球が武器で、当時NPB記録の最速158 km/hを記録したセ・リーグの速球王。
石井弘寿と共にロケットボーイズと呼ばれました。
MLBでの登板も含め、1000試合近い登板は全てリリーフとしての登板でした。

中継ぎ②: 石井弘寿

150キロ台の速球を誇る左腕で、主に中継ぎ、クローザーとして活躍。
2001年には中継ぎとしてリーグ優勝と日本一に貢献。
2002年には69試合に登板し、最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得しました。

中継ぎ③:石山泰稚

スリークォーターから150キロ台の速球と、縦スライダー、カーブ、フォークを投げ分けます。
先発、中継ぎ、抑えを全て経験しており、現在は主にセットアッパーとして活躍しています。

中継ぎ④:伊東昭光

入団3年目に先発投手として14勝をマーク。
翌年には全てリリーフとしての登板ながら18勝を挙げ、最多勝を獲得しました。規定投球回数に満たない投手が最多勝を獲得したのはセ・リーグ史上初めてでした。

抑え:高津臣吾

シンカーを武器にクローザーとして長くチームに貢献。最優秀救援投手のタイトルを4回獲得しました。通算セーブ数286はNPB歴代2位の大記録です。
現在はヤクルトの監督を務めています。

ベンチ:川崎憲次郎

1990年代の野村ヤクルトの黄金時代にエースとして活躍し、通算88勝を挙げました。
特に巨人戦では通算29勝を挙げ、巨人キラーと呼ばれました。
1993年の日本シリーズでは2勝を挙げ、シリーズMVPに選ばれました。

スポンサーリンク

ヤクルト歴代最強の野手陣は?

捕手:古田敦也

選手、監督としてスワローズ一筋で活躍。野村ID野球の申し子と呼ばれ、強肩強打の名捕手として一時代を築きました。通算2097安打、217本塁打を放った強打者でもあり、生涯打率.294は捕手として歴代最高の記録です。

一塁手:ペタジーニ

ヤクルト在籍の4年間で、通算160本塁打を放ったスラッガー。
本塁打王2回、打点王1回のタイトルを獲得しました。
2001年にはMVPを受賞し、チームのリーグ優勝と日本一に貢献しました。

二塁手:山田哲人

NPB史上で唯一、トリプルスリーを3回達成したオールラウンダーです。
2015年には史上初めて本塁打王と盗塁王を同時に獲得しました。
ヤクルトが生んだ、日本プロ野球界史上最高の選手と言っても過言ではありません。
東京オリンピックで金メダルを獲得し、MVPに選出されました。

三塁手:村上宗隆

入団2年目から打棒が爆発。36本塁打を放って新人王に輝きました。
翌年には20才ながら全試合で4番に座り、打率はリーグ5位の.307、本塁打は同2位タイの28本、86打点も同2位の記録でした。

遊撃手:池山隆寛

強打の遊撃手としてヤクルト一筋で19年間プレー。
豪快なフルスイングは「ブンブン丸」と呼ばれました。
1988年から5年連続で30本塁打を達成するなど、長年にわたり活躍しました。

左翼手:若松勉

19年間ヤクルト一筋でプレーし、「ミスタースワローズ」と呼ばれました。
左右に打ち分ける巧打で高打率を残し、1978年にはMVPに輝くとともにチーム初のリーグ優勝と日本一に貢献しました。

中堅手:青木宣親

卓越したミート力で、NPBで唯一シーズン200安打を2度達成しており、首位打者のタイトルも3度獲得している安打製造機です。
既に日米通算2500安打を達成しており、更に記録を伸ばしています。

右翼手:バレンティン

NPB通算11年で300号本塁打を達成している希代の長距離砲。
2011年 から 2013年にかけてセ・リーグ史上2人目の3年連続でホームラン王を獲得。また、2013年には60本を放ち、NPBのシーズン最多本塁打記録を更新しました。

指名打者:ラミレス

入団1年目で29本塁打を放つなどチームのリーグ優勝と日本一に貢献。
2003年に本塁打王・打点王の2冠を獲得。
2007年には外国人選手、右打者として史上初のシーズン200本安打を達成しました。

ヤクルト歴代最強のオーダー

1番 センター   青木宣親
2番 セカンド   山田哲人
3番 レフト    若松勉
4番 ファースト  ペタジーニ
5番 指名打者   ラミレス
6番 ライト    バレンティン
7番 サード    村上宗隆
8番 キャッチャー 古田敦也
9番 ショート   池山隆寛

まとめ

私の独断と偏見で選んだオーダーですので、皆さんが選ぶ選手とは少し違うのではないかと思いますが、少しでも共感していただけたらうれしいです。
投手陣は伝説の投手やスペシャリストが集まりました。
打撃陣はとても迫力があり、恐怖の打線となりました。
破壊力は12球団ナンバーワンと言えるでしょう。
これからも東京ヤクルトスワローズを応援しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました