巨人の歴代選手による最強のオーダーとベストナインを選んでみた!

野球

巨人の歴代選手による最強のオーダーとベストナインを選んでみた!

巨人の歴代選手による最強のオーダーとベストナインを選んでみました。
昭和の名選手から現役バリバリのプレイヤーまで、過去のデータや私の思い出をもとに選びました。

スポンサーリンク

読売ジャイアンツの歴史

1934年に来日したメジャーリーグ選抜と対戦した全日本代表チームの選手を中心として設立された「大日本東京野球倶楽部」が巨人軍の前身で、NPB傘下の球団で最古の球団です。
戦前・戦後、そして現在に至るまで日本プロ野球界の中心的なチームとして、国民的な人気を誇っています。
1965年から1973年までのV9など、幾度も黄金時代を築きました。
これまで45回のリーグ優勝、22回の日本一に輝いている、名門チームです。

スポンサーリンク

巨人歴代最強の投手陣

先発①:菅野智之

現在の日本球界を代表する投手としてマウンドに君臨。
ストレート、多彩な変化球はどれも一級品で、かつ精密なコントロールを武器としています。
MVP2回、沢村賞2回、投手三冠王1回など、数多くのタイトルを獲得しています。

先発②:斎藤雅樹

サイドスローから威力のある直球とカーブ、シンカーを武器に、2年連続20勝のほか、NPB記録となる11試合連続完投勝利、シーズン最多の7完封勝利を挙げるなど活躍。
多くのタイトルを獲得し、「平成の大エース」、「ミスター完投」と呼ばれました。

先発③:桑田真澄

プロ野球選手としては小柄な体格ながら、理想的な投球フォームと抜群のコントロールで先発投手として勝ち星を量産。
最優秀防御率、最多奪三振のタイトルを獲得したほか、MVP、沢村賞を受賞しました。
ゴールデングラブ賞8回は、投手として歴代最多タイ記録となっています。

先発④:江川卓

高校時代から「怪物」と呼ばれ、1980年代の日本プロ野球界を代表する投手として活躍。
3年目の1981年には投手五冠王に輝き、チームを4年ぶりのリーグ優勝に導きました。
阪神タイガースの4番・掛布雅之とのライバル対決は、多くのファンを魅了しました。

先発⑤:堀内恒夫

キレの良い直球と大きな曲がりのカーブを武器に、巨人V9時代のエースとして活躍。
入団1年目から活躍し、セ・リーグ記録のシーズン勝率.889を記録。最優秀防御率、最高勝率、沢村賞、新人王のタイトルを獲得してチームのリーグ優勝に貢献しました。

中継ぎ①:山口鉄也

育成出身の選手ながら、NPB最多タイ記録となる最優秀中継ぎ投手を3回獲得。
2014年にはNPB史上初となる200ホールドを達成。
2008年から2016年までの9年連続60登板はNPBの記録で、5度のリーグ優勝、2度の日本シリーズ優勝に大きく貢献しました。

中継ぎ②:久保裕也

驚異的なスタミナの持ち主で、先発からワンポイント・リリーフまで幅広く起用されていました。その影響で成績が安定しなかったものの、セットアッパーに固定されてから成績が安定。2011年の後半にはクローザーも務めました。

中継ぎ③:マシソン

最速160km/hのストレートを中心に、スライダー、スプリッターを混ぜる投球スタイルでセットアッパーとして活躍。
山口鉄也、西村健太郎とともに必勝パターンを築き、NPBの外国人投手の最多ホールド記録を保持しています。

中継ぎ④:中川皓太

スリークォーターから最速151km/hのストレート、スライダー、ツーシームを駆使。
2019年には中継ぎとして16試合連続無失点を続けるなど年間通してブルペンを支え、5年ぶりのリーグ優勝と日本シリーズ進出に貢献しました。

抑え:上原浩治

ルーキーで20勝を挙げ、新人として史上3人目の投手4冠を達成。
巨人のエースとして活躍した後はメジャーリーグに舞台を移し、レッドソックスではクローザーとしてワールドシリーズの胴上げ投手にもなりました。

ベンチ:槙原寛己

豪速球を武器に入団2年目から先発投手として活躍。
斎藤雅樹、桑田真澄とともに3本柱と呼ばれ、晩年にはクローザーを務めるなど、長くチームを支えました。
1994年には平成唯一の完全試合を達成し、「ミスターパーフェクト」と呼ばれています。

スポンサーリンク

巨人歴代最強の野手陣

捕手:阿部慎之助

強肩強打の捕手として活躍。
捕手として史上3人目の400本塁打を達成し、首位打者、打点王のタイトルを獲得。
2度のリーグ3連覇(2007 – 2009、2012 – 2014)を含む8度のリーグ優勝と、3度の日本一に貢献しました。

一塁手:王貞治

「一本足打法」でNPB記録の通算868本塁打のほか、三冠王1回、本塁打王15回、打点王13回、MVP9回など数々の記録を保持しています。
「世界の王」として長嶋茂雄とともに国民的人気を誇り、国民栄誉賞の受賞者第1号にもなりました。

二塁手:仁志敏久

強打の一番打者として活躍。
小柄ながらシーズン20本塁打以上を3回達成しました。
ゴールデングラブ賞も4回受賞した、守備の名手でした。

三塁手:長嶋茂雄

長きに亘って巨人の4番を務め、大一番で比類のない勝負強さを誇りました。
プロ野球隆盛の象徴的な存在として、「ミスタージャイアンツ」「ミスタープロ野球」と呼ばれました。
監督としても松井秀喜選手など多くの選手を育てました。

遊撃手:坂本勇人

希代のヒットメーカーで、NPB史上2番目の早さで2000本安打を達成しました。
長打力もあり、2019年には40本塁打を放つなど、11年連続で二桁本塁打を記録しています。
将来の殿堂入りが確実視されるスター選手です。

左翼手:松井秀喜

「ゴジラ」の愛称を持つ日本を代表するスラッガーで、巨人とニューヨーク・ヤンキースで4番打者として活躍しました。
ヤンキースではワールドシリーズ優勝を果たし、アジア人初のワールドシリーズMVPに輝きました。2013年には国民栄誉賞を受賞しました。

中堅手:クロマティ

独特のクラウチングスタイルからヒットを量産。
1989年には96試合まで打率4割を維持し、.378で首位打者を獲得しました。
現在でも「ジャイアンツ史上最高の外国人選手」と高く評価されています。

右翼手:高橋由伸

ルーキーで打率3割をマーク。広角に打ち分ける高い打撃技術と天性のタイミングの取り方を持ち味とし、初球から積極的に振り抜く打撃センスは「天才」と称されました。
巨人の監督として優勝はしていないものの、多くの若手選手を発掘・育成しました。

指名打者:岡本和真

入団4年目から巨人の4番打者として活躍。右方向への長打力を特徴としています。
2020年には本塁打王と打点王の2冠王に輝きました。
2021年も本塁打と打点の2部門でトップ争いを演じており、ファンの期待に応え続けています。

巨人歴代最強のベストナイン

1番  ライト    高橋由伸
2番  ショート   坂本勇人
3番  ファースト  王貞治
4番  サード    長島茂雄
5番  レフト    松井秀喜
6番  センター   クロマティ
7番  指名打者   岡本和真
8番  キャッチャー 阿部慎之助
9番  セカンド   仁志敏久

まとめ

私の独断と偏見で選んだオーダーですので、皆さんが選ぶ選手とは少し違うのではないかと思いますが、少しでも共感していただけたらうれしいです。
投手陣は時代を代表する名投手が集まりました。
打撃陣は生え抜きの選手が主体で、「ON砲」を中心とした最強の打線となりました。
これからも読売ジャイアンツを応援しましょう!

セ・リーグのライバルチームもチェック!

阪神タイガース
広島東洋カープ
中日ドラゴンズ
横浜DeNAベイスターズ
東京ヤクルトスワローズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました