横浜DeNAの歴代最強のオーダーとベストナインを選んでみた!

野球

横浜DeNAベイスターズの歴代選手による最強のオーダーとベストナインを選んでみた!

横浜DeNAベイスターズの歴代選手による最強のオーダーとベストナインを選んでみました。
昭和の名選手から現役バリバリのプレイヤーまで、過去のデータや私の思い出をもとに選びました。
とても破壊力のある強力打線となりました。

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズの歴史

元々は林兼商店(のちの大洋漁業)の実業団チームとして1929年に設立されましたが、世界恐慌の影響などで1932年に休止状態となり、軟式野球部だけが存続していました。
1950年のプロ野球の2リーグ制の開始に合わせて球団が創設され、大洋ホエールズとしてセントラル・リーグに加入しました。
創設時のフランチャイズは山口県下関市、本拠地は下関市営球場でした。
1953年には松竹ロビンスと合併し、1955年には神奈川県川崎市に本拠地を移転しました。
1978年には本拠地を横浜スタジアムに移転し、チーム名を横浜大洋ホエールズに変更。
1992年にはチーム名を横浜ベイスターズに改称し、2011年には筆頭株主がDeNAとなり、2012年シーズンから横浜DeNAベイスターズとなりました。
これまでにリーグ優勝2回、日本シリーズも2回制覇しています。

スポンサーリンク

DeNA歴代最強の投手陣

先発①:平松政次

「カミソリシュート」と呼ばれた高速シュートを武器に、通算201勝をマーク。
巨人キラーとしても知られ、巨人戦通算51勝は金田正一(65勝)に次ぐ歴代2位の記録です。

先発②:遠藤一彦

2種類のフォークボール(シュート気味に落ちるフォークとスライダー気味に落ちるフォーク)を武器に大洋のエースとして活躍し、最多勝2回、最多奪三振3回のタイトルを獲得し、沢村賞も受賞しました。アキレス腱断裂から3年後の1990年には6勝6敗21セーズの記録を挙げ、カムバック賞を受賞しました。

先発③:三浦大輔

エースとして1998年のリーグ優勝と日本一に貢献。
リーゼントの髪型がトレードマークで「ハマの番長」と呼ばれました。現役時代に競馬の馬主となり、「リーゼントブルース」という名の競走馬を保有していました。

先発④:今永昇太

スリークォーターからの豪速球や高速スライダー、チェンジアップを武器にDeNAのエースとして活躍しています。
侍ジャパンには2019年プレミア12に選出されました。

先発⑤:東克樹

大学時代にノーヒットノーランを2度達成するなど素質が開花し、ドラフト1位で入団。
身長170cmと投手としては小柄ながら、オーバースローから150km/hを超えるストレートに、チェンジアップ、スライダー、ツーシーム、カーブを投げ分けます。

中継ぎ①:山﨑康晃

入団当初からクローザーを任され、新人記録となるシーズン37セーブをマーク。
スプリットのように曲がり落ちるツーシームが武器です。
横浜スタジアムでは登板する際の「ヤスアキジャンプ」が恒例となっています。

中継ぎ②:エスコバー

左腕から繰り出す160km/h台のストレートと140km/h台のスライダーが武器の速球派投手です。
2021年6月には左投手としてNPB公式戦最高球速記録となる163km/hを計測しました。

中継ぎ③:三嶋一輝

スリークォーターから切れの良い速球に、横方向に鋭く曲がるスライダー、縦方向の落差が大きいスライダーといった変化球を織り交ぜます。
2020年からはクローザーとして活躍しています。

中継ぎ④:パットン

セットアッパーとして活躍し、横浜に在籍した4年間で101ホールドを記録しました。
スリークォーターから最速155km/hの速球と、決め球の縦スライダー、チェンジアップを駆使しました。

抑え:佐々木主浩

ベイスターズとMLBシアトルマリナーズで抑え投手として活躍。NPB時代だけで歴代3位の252セーブを記録し、NPB/MLB通算で381セーブを記録しました。ベイスターズでは「ハマの大魔神」と呼ばれ、MLBでも “Daimajin” と呼ばれました。

ベンチ:斉藤明夫

横浜一筋で活躍。「ヒゲの斉藤」と呼ばれ多くのファンに親しまれました。
ストレートとスローカーブを武器に、先発、中継ぎ、抑えとフル回転でチームを支えました。

スポンサーリンク

DeNA歴代最強の野手陣

捕手:谷繁元信

優れたキャッチング、巧みな配給、強肩はいずれも歴代最高レベル。
1998年のリーグ優勝と日本シリーズ制覇に大きく貢献しました。
NPB記録の通算3021試合出場は野村克也選手の記録を塗り替える大記録です。

一塁手:ホセ・ロペス

シアトルマリナーズでMLBオールスターゲームの出場経験を持っていますが、横浜での試合には電車で通っていた元メジャーリーガーです。
守備力が高く、一塁手としてゴールデングラブ賞を5回受賞しました。

二塁手:ロバート・ローズ

「マシンガン打線」の4番打者として活躍し、1998年のリーグ優勝と日本一に貢献しました。
1999年にはNPB歴代2位となるシーズン153打点をマークしました。
現在でも「横浜史上最高の外国人選手」と称されています。

三塁手:村田修一

4番打者としてチームを支えました。
本塁打王を2回獲得した飛ばし屋ですが、広角に打つ技術も高く、右方向へのホームランが印象的です。
守備でもチームを支え、三塁手としてゴールデングラブ賞を3回受賞した守備の名手でした。

遊撃手:石井琢朗

マシンガン打線の1番打者としてチームの38年ぶりのリーグ優勝と日本一に貢献。
俊足が武器で、盗塁王を4回獲得しています。
投手出身ですが、ゴールデングラブ賞を三塁手で3回、遊撃手で1回獲得しました。

左翼手:筒香嘉智

横浜のみならず、侍ジャパンでも日本の4番バッターとして活躍。
2016年には本塁打王と打点王の2冠を獲得しました。
現在はメジャーリーグに挑戦中です。

中堅手:多村仁

持ち前の長打力で主力打者として活躍し、2004年には40本塁打を放ちました。
2006年のWBCでは全試合に出場し、3本塁打・9打点の大活躍で日本の優勝に貢献しました。

右翼手:ネフタリ・ソト

広角に強打を放つスラッガーで、恐怖の2番打者として活躍中です。
入団1年目は107試合の出場ながら、41本で本塁打王を獲得。
2年目も43本で2年連続の本塁打王に輝きました。

指名打者:トニ・ブランコ

圧倒的なパワーを持つ長距離砲で、芯で捉えた時の飛距離は他の追随を許しません。
移籍直後の2013年には首位打者と打点王の2冠に輝きました。
得点圏では右方向への流し打ちも出来る、器用さも持ち合わせていました。

DeNA歴代最強のベストナイン

1番 ショート   石井琢朗
2番 ライト    ソト
3番 ファースト  ロペス
4番 セカンド   ローズ
5番 レフト    筒香嘉智
6番 指名打者   ブランコ
7番 サード    村田修一
8番 センター   多村仁
9番 キャッチャー 谷繁元信

まとめ

私の独断と偏見で選んだオーダーですので、皆さんが選ぶ選手とは少し違うのではないかと思いますが、少しでも共感していただけたらうれしいです。
外国人選手主体のチームとなりましたが、各選手のレベルが高く、とても恐ろしい打線となりました。
これからも横浜DeNAベイスターズを応援しましょう!

セ・リーグのライバルチームもチェック!

阪神タイガース
広島東洋カープ
中日ドラゴンズ
読売ジャイアンツ
東京ヤクルトスワローズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました