中日ドラゴンズの歴代最強のオーダーとベストナインを選んでみた!

野球

中日ドラゴンズの歴代選手による最強のオーダーとベストナインを選んでみた

中日ドラゴンズの歴代選手による最強のオーダーとベストナインを選んでみました。
昭和の名選手から現役バリバリのプレイヤーまで、過去のデータや私の思い出をもとに選びました。

スポンサーリンク

中日ドラゴンズの歴史

日本プロ野球の黎明期の1936年に新愛知新聞社を親会社として「名古屋軍」が誕生。
日本プロ野球で読売ジャイアンツ、阪神タイガースに次いで3番目に長い歴史を持つ老舗球団です。
戦時下の新聞統制に伴って、1942年に愛知県の二大新聞社であった新愛知新聞社と名古屋新聞社が統合し、中部日本新聞社が発足しました。
チーム名は1944年に「産業軍」、1946年に「中部日本」、1947年に「中部日本ドラゴンズ」、1948年に「中日ドラゴンズ」と改称。
1951年には名古屋鉄道(名鉄)が経営に参画し、名鉄と中日新聞が隔年で球団経営を行うこととなり、球団名も「名古屋ドラゴンズ」に改称しました。
1954年に名鉄が球団経営から撤退し、チーム名は「中日ドラゴンズ」に戻りました。
これまでにリーグ優勝9回、日本シリーズを2回制覇しています。

スポンサーリンク

中日ドラゴンズ歴代最強の投手陣

先発①:権藤博

入団1年目から伸びのある直球とカーブを武器に活躍。69試合に登板して35勝19敗、429回1/3、310奪三振、防御率1.70を記録し、沢村賞と新人王を受賞しました。連投を重ねる権藤を指した「権藤、権藤、雨、権藤」という流行語も生まれました。

先発②:大野雄大

オーバースローからキレのあるストレートとフォーク、カーブ、スライダー、そして縦に大きく変化するツーシームを投げ分けます。2020年には2年連続の最優秀防御率と最多奪三振の2冠を獲得するとともに、沢村賞を受賞しました。

先発③:川上憲伸

カットボールを武器に入団1年目から14勝を挙げ、ライバルの高橋由伸を抑えて新人王を受賞。2006年には自身2度目の最多勝と、最多奪三振のタイトルを獲得し、MVPと沢村賞を受賞しました。

先発④:吉見一起

抜群のコントロールが武器で、スリークォーターから速球と同じ腕の振りでスライダー、シュート、フォークボール、チェンジアップを投げ分けます。
最多勝2回、最優秀防御率1回などのタイトルを獲得しました。

先発⑤:山本昌

高卒で入団し、50才で引退するまで中日一筋で活躍した大投手。
リーグ優勝6回、日本一1回に貢献しました。2006年にはNPB史上最年長の41歳でのノーヒットノーラン、2008年には史上最年長での200勝を達成しました。

中継ぎ①:浅尾拓也

細身の体型から繰り出される150キロ台後半の速球と140キロ台の高速フォークが武器。セットアッパーとして活躍し、2011年には79試合に登板し7勝2敗10S、防御率0.41、45H、52HPと驚異的な成績を残し、リーグ2連覇に大きく貢献。MVPに選ばれました。

中継ぎ②:宣銅烈

韓国プロ野球史上最高の投手と呼ばれ、最速155km/hのストレートと縦横の高速スライダーを操り、コントロールも抜群でした。
中日では抑えのエースとして活躍し、1997年には38セーブでセーブ王に輝きました。

中継ぎ③:又吉克樹

独立リーグからプロ入りした苦労人です。現在もセットアッパーとして活躍しており、サイドスローからの最速152km/hの伸びのあるストレートと、鋭く曲がるスライダーが武器です。

中継ぎ④:R.マルティネス

キューバ出身の速球派投手で、193cmの長身から投げ下ろす最速161km/hのストレートに、140km/h台のナックルカーブ、チェンジアップ、SFF等を織り交ぜます。
現在はクローザーとして活躍中で、2020年には24イニング連続奪三振のセ・リーグ記録を樹立ししています。

抑え:岩瀬仁紀

NPB歴代最多の1002登板と、通算407セーブの記録を保持しています。
入団1年目の1999年から2013年まで15年連続で50試合以上登板しました。
セーブ王5回、最優秀中継ぎ投手を3回獲得しているレジェンドです。

ベンチ:今中慎二

細身の体から最速150km/hのストレートと、100km/h前後のスローカーブ、そして70km/h台の超スローカーブを投げ分けました。
最多勝や沢村賞に輝くなど、1990年代の日本を代表する左腕として活躍しました。

スポンサーリンク

中日ドラゴンズ歴代最強の野手陣

捕手:中尾孝義

強肩と強気のリードで投手陣を牽引。
入団2年目の1982年には正捕手の座につき、チームのリーグ優勝に貢献。MVPを獲得しました。

一塁手:ビシエド

広角に打ち分けるバッティングを持ち味としており、2018年には首位打者と最多安打のタイトルを獲得。
現在ドラゴンズの不動の4番打者として活躍中です。

二塁手:荒木雅博

ドラゴンズのリードオフマンとして活躍。
井端弘和選手との1・2番、二遊間コンビは「アライバコンビ」と呼ばれ、守備力は世界でもトップクラスと評される程でした。
2017年には2000本安打を達成しました。

三塁手:立浪和義

高卒新人として開幕戦にスタメン出場し、新人王とゴールデングラブ賞を受賞。
その後は長くチームを支え、「ミスタードラゴンズ」と呼ばれました。
通算2480安打は歴代8位、通算二塁打487は歴代1位の大記録です。

遊撃手:井端弘和

主に2番打者として活躍し、優れたバットコントロールで追い込まれてもファウルで粘り右方向へのバッティングで出塁するなど、相手チームにとっては嫌らしい打者でした。
荒木雅博との「アライバコンビ」で二遊間を支え、ゴールデングラブ賞を7回受賞しました。

左翼手:和田一浩

西武からFAで地元のドラゴンズに移籍。独特のオープンスタンスからの力強いバッティングが特徴で通算2050安打、319本塁打の記録を残しました。
2010年にはチームの4年ぶりのリーグ優勝に貢献し、MVPに輝きました。

中堅手:大島洋平

俊足巧打のトップバッターとして活躍し、入団3年目で盗塁王を獲得。
2014年には球団タイ記録となる186安打を放ちました。
広い守備範囲を誇り、ゴールデングラブ賞を8回受賞しています。

右翼手:福留孝介

逆指名でドラゴンズに入団し、1年目からレギュラーとして活躍しました。
これまでに首位打者2回、MVPを1回受賞しています。
MLB、阪神タイガースを経て、2021年に中日に復帰しました。

指名打者:谷沢健一

中日一筋で17年間、中軸打者として活躍し、2度のリーグ優勝に貢献。
通算2062安打を放ちました。
アキレス腱痛を日本酒治療で克服し、1980年に2度目の首位打者のタイトルを獲得した年にはカムバック賞を受賞しました。

歴代最強の打順を組んでみた

1番 セカンド   荒木雅博
2番 ショート   井端弘和
3番 指名打者   谷沢健一
4番 ファースト  ビシエド
5番 ライト    福留孝介
6番 サード    立浪和義
7番 レフト    和田一浩
8番 キャッチャー 中尾孝義
9番 センター   大島洋平

まとめ

私の独断と偏見で選んだオーダーですので、皆さんが選ぶ選手とは少し違うのではないかと思いますが、少しでも共感していただけたらうれしいです。
投手力と守備力の高さは12球団トップクラスで、強力なチームとなりました。
大投手や好打者が多く、オーダーを選出するのにとても悩みました。
これからも中日ドラゴンズを応援しましょう!

セ・リーグのライバルチームもチェック!

阪神タイガース
広島東洋カープ
読売ジャイアンツ
横浜DeNAベイスターズ
東京ヤクルトスワローズ

パ・リーグのライバルチームもチェック!

福岡ソフトバンクホークス
オリックス・バファローズ
埼玉西武ライオンズ
千葉ロッテマリーンズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
北海道日本ハムファイターズ

12球団最強のオーダーもチェック!

プロ野球12球団の歴代最強オーダ

コメント

タイトルとURLをコピーしました